僕の筋トレ備忘録

筋トレ歴5年、ボディビル出場の経験を活かし、真面目に筋トレを議論、科学するブログ

ダイエット、減量に効果的なサプリメントやファットバーナーを解説!

f:id:danielburaian:20190405231800p:plain

 

4月です! 春です!

 

春が過ぎれば、すぐ夏ですよ!

 

皆さん、夏の準備(=減量)進んでますか?

 

 

ダイエットや減量の基本はやはり食事制限ですが、ここからペースを上げていきたい。あともう少しが痩せれない。という方に向けて、今回はダイエットに使えるサプリメントをご紹介いたします。

基本となる食事管理に関してはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

www.biboroku.work

www.biboroku.work

 

 

1.脂肪が減る仕組み

実際のサプリメントの話に移る前に、脂肪が減る仕組み学習しておきましょう。

最近はテレビCMなどでも耳にする機会が増えましたが、脂肪は主に分解、燃焼というプロセスを踏むことによって減ります。

ダイエット

脂肪が減る仕組み

上の図のように具体的には、脂肪が脂肪酸というものに分解され、ミトコンドリア内に運搬されることによって燃焼されることで脂肪が減っていきます。

 

2.脂肪の分解を助ける

まず脂肪の分解を助ける成分を紹介します。ここでは共役リノール酸(CLA)というものが有名です。

CLAは脂肪の一種なので脂質の吸収阻害系サプリなどとは同時に摂取しないようにしましょう。せっかくのCLAの効果が打ち消されてしまいます。吸収阻害系サプリについては後述します。

jp.iherb.com


 

3.脂肪の運搬を助ける

脂肪を脂肪酸に分解しただけでは燃焼してくれません。ゴミを集めて、ごみ処理施設に運搬するように、脂肪もミトコンドリアというごみ処理施設に運搬してやる必要があるのです。

 

ここで重要な働きをするのがカルニチンという成分です。

 

CLAによって分解された脂肪酸をミトコンドリアまで運ぶ働きがあるので、CLAと同時に摂取してやると効果抜群です。カルニチンは食事からも補えますが、サプリメントを利用することで更なる恩恵が受けられます。イメージではごみ処理施設に運ぶトラックの台数を増台するしてやるイメージです。

jp.iherb.com

 

4.脂肪の燃焼を助ける

さて、分解、運搬を経た脂肪はやっと燃焼のプロセスを踏むことになります。ここに効いてくる成分がEGCG(エピガロカテキンガレート)という茶カテキンの1種です。

茶カテキンというと「健康茶カテキン」などと言われるように風邪予防、抗酸化作用などのイメージが強いですが、脂肪燃焼にも効果的であることがわかってきました。花王のホームページによると、

高濃度茶カテキンを摂取することにより、肝臓での脂質代謝が活発になり、結果として脂質の燃焼によるエネルギー消費の増加が起こっていることを示唆しています。

(中略)

以上のことから、高濃度の茶カテキンは、エネルギー消費量を増加させることにより、体脂肪を低減する効果が発現しているものと推察されます。

花王 | 栄養代謝の研究開発 | 茶カテキンの効果に関するご質問より一部抜粋

とあり、EGCGも脂肪燃焼のプロセスに関与することになります。

jp.iherb.com

 

また、脂肪燃焼のイメージが強い唐辛子エキスもこの分類になります。カプサイシンという成分を聞いたことがある方は多いと思いますが、iherbではカイエンペッパーという名前で売られています。

※カイエンペッパーとは赤い唐辛子の実を干して粉末状にした香辛料のことで、それに多く含まれる辛み成分を”カプサイシン”と言います。

jp.iherb.com


 

 

さて、ここまで脂肪の分解、運搬、燃焼に着目し、様々な成分を紹介してきましたが、それぞれの成分を別々に買って飲むのはお金がかかるし、何より面倒くさいですよね。

 

そんな希望を叶えてるれるサプリメントがあるんです!

それがこの「リーンモード」。ここで紹介した、CLA、カルニチン、EGCGがすべて含まれています。また、食欲抑制に効果的なガルニシアエキスや、コーヒークロロゲン酸を豊富に含むグリーンコーヒー豆エキスも含まれています!

また、カフェインが含まれていないので、使いやすいのもメリットですね!(カフェインは確かに脂肪燃焼に効果的な成分の一つで、ほとんどのファットバーナーに含まれていますが、リーンモードには含まれていません。)

jp.iherb.com


リーンモードの詳しい解説はこちら

www.biboroku.work

 

5.代謝の補酵素として働く

 ここまでは割と世間にも浸透してきた脂肪の分解、燃焼というプロセスに関して解説してきましたが、意外と「運搬」に着目している方は少なかったんじゃないでしょうか。カルニチン、ぜひオススメです。

 

さらにあまり人に知られてないプロセスをご紹介します!

 

 

それは代謝の補酵素として働くビタミン群です。

 

この記事でもご紹介したように、ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質、ビタミンB6はタンパク質の代謝に寄与します。すなわち、これらのビタミン群が不足していると代謝されず栄養素としての吸収率も落ちるし、さらに余剰分が脂肪になってしまうことも考えられます。

 

そこでオススメのサプリメントがこのB50というサプリメントです。ビタミンB群がそれぞれ50mgもしくは50μg入っており、一錠でビタミンB群を網羅的に十分な量摂取することができます。

jp.iherb.com


 

それぞれの栄養素をそんなに適当な量かつ大雑把にぶち込んで大丈夫なの?と思う方もいるでしょうが、問題ありません。ビタミンB群は水溶性であるため過剰分は尿として排出されます。また、メガビタミンの考え方からしても摂り過ぎくらいがちょうどいいと考えることもできます。

 

メガビタミンの考え方についてはこちらの記事を参照ください。

www.biboroku.work

 

6.吸収を阻害する

 その他に吸収阻害系のサプリメントもあります。これはその名の通り、栄養素の吸収を抑え、食べた物のカロリーや栄養素を軽減できるというものです。

 

脂質の吸収を抑えるキトサン、デンプン質の糖質の吸収を抑えるphase2、甘い物の糖質(単糖類や二糖類)の吸収を抑えるシュガーバンなどがあります。これらをお守りとして持っていれば、急な食事の誘いもダメージを最小限にして臨めますね!

詳細はこちらの記事↓

www.biboroku.work

 

7.水分の排出を促す

 最後に紹介するのは浮腫みに効果的な成分です。これは直接体脂肪の減少に寄与するわけではありませんが、体内の水分排出を促して浮腫みを解消するため、見た目にはかなり大きく変化があります。

 

その成分は、カリウム!

 

カリウムは浮腫みに効果的なので、塩分を多く含む食事(塩辛い食事)をした後などには飲んでおきましょう。もちろん、浮腫みが気になるときは寝る前に飲んでおけば、翌朝には快調です!

※塩分は体内に水を貯め込む作用があります。

 

 

カリウムを摂るためにはこのツイートにあるタリーズのブラックコーヒーがオススメです。このボトル1本で約320㎎のカリウムが摂取できます。

また、コーヒーに含まれるコーヒークロロゲン酸やカフェインには脂肪燃焼作用もあるので一石二鳥ですね!

ただし、このツイートにも書いたように飲んだ後はトイレが近くなるのでご注意ください…(僕だけでしょうか…水分が排出されるから当たり前か。)

 

もしサプリメントでカリウムを摂るならコレ。1錠に約100mgのカリウムが含まれているので、タリーズのコーヒーと同量にするなら4錠飲めばOKです!

jp.iherb.com


 

今回は様々なサプリメントを紹介しましたが、皆さんの需要や目的に応じて使い分けていただきたいと思います。しかし、サプリメントに頼るのは最終手段!まずは食事制限が第一なのでまずはこちらの記事でPFCバランスとカロリー計算の方法を習得していただき、ぜひ今年のダイエットを成功させてください!

 

今回の記事ではサプリメント通販サイト「iherb」からのリンクを貼っている箇所が多いですが、購入時にクーポンコード「AAN2515」を入力していただくと全員5%の割引が受けられます。初回購入者は10%オフです。この機会にぜひ購入に役立てて下さい!

通販サイト「iherb」って何?という方や購入方法についてはこちらをご覧ください。

www.biboroku.work

ここまで読んでいただきありがとうございました。