僕の筋トレ備忘録

筋トレ歴5年、ボディビル出場の経験を活かし、真面目に筋トレを議論、科学するブログ

インターバルを有効活用して時短トレ!スーパーセットとその分割法を紹介

f:id:danielburaian:20200308174155j:plain

 

当ブログは引っ越し済みですが、不覚にもはてなブログから年会費をもう1年取られるようになったので、ここでは新ブログで紹介した新しい記事の宣伝をメインにやっていこうかと思います。

詳しい内容はこちら

www.biboroku.work

www.biboroku.work

 

さて、新しい記事の宣伝です。

先日背中トレで懸垂をやっていたのですが、懸垂ってかなりインターバルの時間を長めに摂らないと回数をこなすことができなくて、質の低いトレーニングになってしまうんですよね。

しかも、僕が懸垂をやっていたのはケーブルマシンに上に付いているバーだったので横でアームカールがすぐにできる状況だったんです。

でも、懸垂で二頭筋も使うのでインターバルにアームカールをしてしまったら次の懸垂動作に支障をきたします。

 

いやー、どうしたものか?

一般に背中のトレーニングは引く動作が多いので、二頭筋が補助筋として働きます。逆に胸トレは押す動作が多いので三頭筋が補助筋になります。

じゃあ、背中トレをしつつ、インターバルで使わない三頭筋をトレーニングしたらインターバルの時間が有効に使えるし、時短トレになるではないか!

と思って、書いた記事です。

ここにあるようなトレーニング方法をする際の分割法とその注意点をまとめてます。ぜひご覧ください。

mussuru-mania.com