僕の筋トレ備忘録

筋トレ歴5年、ボディビル出場の経験を活かし、真面目に筋トレを議論、科学するブログ

糖質制限の強い味方!MCTオイルで簡単ダイエット!

こんにちは、ブライアン(@danielburaian)です。

最近、減量を始めるにあたって、朝食を糖質制限+MCTオイルにしています。

これはケトーシス状態を維持し、体脂肪燃焼を促すためなのですが、お昼まで空腹感もなく、かなり調子よく減量できています。

減量にMCTオイルはかなり使える商品だと思ったので、今回はそこんところのシェアです。

1.糖質制限の究極系「ケトジェニックダイエット」

 糖質制限ダイエットは糖質を制限することで摂取カロリーを減らし、体脂肪を燃やすという簡単な仕組みですが、その究極系ともいえるものに「ケトジェニックダイエット」があります。

これは1日の糖質の摂取量をできるだけゼロに近付けて体のエネルギー回路そのものを変えてしまうやり方です。

体は常にブドウ糖やグリコーゲンといった「糖質」をエネルギー源にして生活していますが、糖質が全くない状況が続くと「ケトン体」という脂肪の代謝物をエネルギー源にした回路に変化することがわかっています。この状態をケトーシスと言います。

 この状態では脂肪を積極的に代謝しエネルギーとして利用するためダイエット効果が高まります。

 また、糖質を全く摂らないことから血糖値が一定に保たれます。血糖値が上がると肥満ホルモンともいわれるインスリンが分泌されてしまうため、血糖値を一定に保つというのはダイエット的な側面から利点があります。

2.ケトーシスになることが重要

 ケトーシスになれば体脂肪の燃焼効果が高まるためダイエット時にはケトーシスに体を持っていくことが重要です。

 しかし、ケトーシスに入るまでは個人差がありますが、2週間ほどの低糖質期間(1日の糖質摂取量20g以下)を設ける必要があり、ケトーシスになるまでの期間はエネルギー回路がどっちつかずになっているため体の不調を訴える方が多いです。これをketo fluといいます。

私のketo flu体験談はこちら

また、全く糖質が摂れない生活というのは現代人には難しいものです。飲み会はもちろん、ちょっとした食事会でも食べられえるものが限られます。 

こういった側面からケトジェニックダイエットは万人には勧めがたいといわれています。

3.MCTオイルでケトーシスに

 しかし、ケトーシスを加速させる食品としてMCTオイルというものがあります。

これは中鎖脂肪酸と言われるもので、ココナッツオイルの50%が中鎖脂肪酸であると言われています。言い換えると、ココナッツオイルから中鎖脂肪酸のみを取り出したものがMCTオイルです。

 ケトーシスは脂肪をエネルギーにしている状態であるため、糖質制限にMCTオイルを加えることで10倍くらいの速さでケトーシスに入れるといわれています。

4.朝食は糖質制限+MCTオイルが最強!

 人間は飢餓状態になると体の中のエネルギー(糖質)が不足するため、多少なりともケトーシスに近づくことが分かっており、特に起床時は最後の食事から時間が空いているためケトーシスに近くなっていると言われています。

 先ほどから説明しているように、ケトーシスは脂肪が優先的に使われている状態で、ダイエットには最適な状態。この時間を長くすることがダイエット中では望ましいです。

糖質を少しでも摂るとケトーシスを脱してしまいますから、朝食は糖質を抜いて、ケトーシス状態を持続させるようにしましょう。その代わりに脂質をたっぷりと。脂質はお腹にたまりやすいためこれでもお昼までお腹がすくことはありません。

朝食にはオムレツ+MCTオイルというのが私の朝食例です。

また、この脂質を多くとる段階で脂溶性ビタミンであるビタミンEやビタミンDを一緒に摂りましょう。

www.biboroku.work

 

 87日までiherbではMCTオイル15%オフのセールを開催中です。この機会にぜひお買い求めください!

 

MCTオイルのセール会場に行く!

 

アマ〇ンでもMCTオイルは買えますが、やはり少し高めです。

iherbで安く、お得に買い物しましょう!

California Gold Nutrition, MCT Oil, 12 fl oz (355 ml)
製造元 California Gold Nutrition (カリゴールド)
 
関連記事

www.biboroku.work

www.biboroku.work

www.biboroku.work