僕の筋トレ備忘録

筋トレ歴5年、ボディビル出場の経験を活かし、真面目に筋トレを議論、科学するブログ

【小倉~金沢5000円!】青春18きっぷ旅行記① 福岡~金沢

このページを読むとわかること

・青春18きっぷは冬、夏、春に発売されるJRの乗り放題切符

・5回分(5日分)で12,050円。1人でも複数人でも使える

・JR全線の普通、快速列車が乗り放題

・この18きっぷで福岡~金沢の4泊5日で観光してきました

 

こんにちは、Bryan(@danielburaian)です。

このブログの過去の記事を見て、薄々気づいておられる方もいらっしゃるかと思いますが、僕は鉄道マニアです。

鉄道マニアにも写真を撮るのが好きな「撮り鉄」、鉄道模型が好きな「模型鉄」、時刻表が好きな「時刻表鉄」などいろいろな種類があるらしいですが、僕は乗るのが好きな「乗り鉄」です。

鉄道に乗ってのんびり車窓を眺めているのがめちゃくちゃ好きなんです!

で、去年、実家のある福岡から金沢まで旅行してきました。

はじめて18きっぷを使ったときに福岡から京都まで旅行したんですが、行程が楽すぎて、時間が余ってしまい、帰りに岡山駅から本州を脱走して香川に行き、うどんを食べまくる余裕までありました。(このように行程を急に変えたり、気分によって行き先を変えれるのが18きっぷの魅力です。)

それで今回はさらに遠くへということで金沢です。さて、どうなったのかレッツゴー!

青春18きっぷとは何か?

簡単に言うと、5日間12,050円でJRの普通、快速列車が乗り放題になるというきっぷです。1日当たり2,410円!

このきっぷは学生の長期休暇に合わせて発売されるため、いつでも使えるわけではありませんが、これで旅行しまくるのが僕の楽しみになっています。

青春18きっぷの購入方法、詳しい使い方はこちら

青春18きっぷの旅 金沢編 第1日目

出発したのは12月26日。これから5日間の旅行を経て、30日に福岡の実家に帰ってくる予定です。

せっかく1日乗り放題なので、朝7時くらいの電車に乗って関西くらいまでを目指す予定でしたが、何やかんやでグズグズしてしまい、出発したのは午前10時。

5日間のタイムリミットからして2日目が終わる頃までには金沢に着いていたいので、とりあえず岡山くらいまで行けたらいいなーと思いながら出発。

早速、関門トンネルを渡って本州へ。そしてそのまま普通岩国行きに乗車!

だいたい下関から山口県の東端である岩国までは途中新山口や徳山止まりの列車が多く、乗り換えを強いられるので1本で行けるのはラッキー!

しかし、下関から岩国まで普通列車に乗車すると、所要時間は3時間半。普通の人なら根を上げるところですが、僕はほとんど苦になりません。途中、防府のあたりで海沿いを走るので、かなり景色の良い区間もあります。が、やはり3時間半普通列車に乗りっぱなしというのはかなりしんどく、鉄道マニアでも青春18きっぷの難所は山口と静岡と言われるくらいです。

ちなみに岩国駅からは錦川に平行する「錦川清流線という第三セクターの鉄道が走っていますが、清流錦川の景色とか、桜とか、コスモスとか景色が最高なのでぜひ機会があれば乗ってみてください!ちなみに、これはJRではないので、青春18きっぷでは乗れません。

[caption id="attachment_603" align="aligncenter" width="640"] 錦川清流鉄道の公式ホームページより[/caption]

岩国駅からそのまま山陽本線糸崎行きに乗り換えます。と、いっても糸崎までそのまま行くわけではなく、途中の広島駅で下車。

やっぱり大都会広島。ここは途中下車したいところです。

広島駅の新幹線口から徒歩3分のところに僕のオススメのコッペパン屋さんがあります。その名も「コッペパンの大瀬戸」。県内に3店舗ほどあり、それ以外にもコッペパンの専門店が広島には多くあります。広島はコッペパン激戦区のようです。

このコッペパンの大瀬戸のすごいところはコッペパンがすべて100円なところ。甘い系のデザートコッペからおかず系コッペまで120種類以上があるそうです。新幹線口からホントにすぐ近くなので、広島を訪れたらぜひ行ってみてください!

しかし、この日は年末ということもあり閉店…なら糸崎まで乗っとけば良かったやないかい!

まあ、こんなことだろうと思ってました。ダメ元で訪れてみたので仕方ないです。

福岡から18きっぷで関西方面に旅をするときは大瀬戸でコッペパンを買って、電車の中で食べて昼食にするのがお決まりだったのですが、仕方ないので広島駅のコンビニで昼食を調達。再度、糸崎行き列車に乗車です。

広島駅の次の大きな街は西条駅。東広島市の中心の駅で日本酒で有名なお酒の街でもあります。

広島駅からここに至るまでは峠を超える必要があり、特に瀬野駅から隣の八本松駅までの10.6kmの長い道のりは「セノハチの峠」として鉄道マニアから知られています。都会の人にはわかるまい。隣の駅まで10㎞もあるんだぞ。

ここは鉄道の中では特に勾配がきつく、日本屈指の難所です。ただの山道もこのような背景知識を知っていると趣深く感じるものです。

[caption id="attachment_604" align="aligncenter" width="1393"] 瀬野駅から八本松駅までの道のり[/caption]

 

あと、西条駅と新幹線の東広島駅は約6kmも離れているにも関わらず制度上は同一駅として扱われる面白い駅ですが、この話はまた今度…

列車は糸崎駅に到着。ここでJR西日本の広島支社と岡山支社が切り替わるため、ほとんどの列車がこの糸崎駅止まりになります。

そのまま糸崎駅から岡山行きに乗り換え。三原、尾道、福山と広島の主要な街を超えつつ、一気に岡山に到着。

糸崎駅を出発してすぐ右手に山陽本線で最も美しいと言われる瀬戸内海の景色を望みます。

[embed]https://www.youtube.com/watch?v=GDsmTe05g74[/embed]

岡山駅は駅メロがエモいことで有名。特に岡山駅の「線路は続くよどこまでも」の到着メロディを聞いたときは「あ〜、やっとはるばる岡山まで来たな」と旅情を感じます。

[embed]https://www.youtube.com/watch?v=YetubVIQXl0&t=11s[/embed]

岡山駅到着時点で時刻は午後8時。

岡山駅のネットカフェで世を明かそうかと思いましたが、快活クラブにしか泊まりたくない私は姫路駅の快活クラブを目指すことに。

姫路行き普通列車にそのまま乗車です。姫路駅前には快活クラブがあるので助かります。

補足

ネットカフェに泊まりながら貧乏旅行するなら絶対に快活クラブを選ぶべきです。居心地の良さが段違いですし、おそらく一番安いのではないかと思います。他のネットカフェはキーボードがベタついていたりして良い印象がないです。

姫路駅に到着したのは午後10時頃。今まで普通列車(各駅停車)でのんびり来ていたのに、ここからはJR西日本が誇るスピード自慢新快速列車が登場します

よし、大阪まで行ってしまおう!

そう決めて新快速列車に乗車。午後11時半大阪駅に到着。そのまま近くのネットカフェで夜を明かしました。

あ、姫路駅の駅そば(まねきの駅そば)食べとけばよかった…姫路駅の駅そばは大正時代から続く歴史あるそばで、かなり美味しいです。